「ppm」,「ppb」,「ppt」ってどのぐらいの濃度?

化学分析をやっていると、濃度の単位が「ppm」,「ppb」,「ppt」などで管理されることがあります。

パーセント(%)は日頃よく使う機会があるのでわかると思いますが、
この「ppm」,「ppb」,「ppt」っていったいどのぐらいの単位か知ってますでしょうか?

けいた

普段つかわないから全く知らん…

おそらく知らない方がほどんどだと思います。

そこで今回は、「ppm」,「ppb」,「ppt」が、どのぐらいの濃度の単位なのかを解説したいと思います。

目次

「ppm」,「ppb」,「ppt」とは

ppmparts per million(パーツ・パー・ミリオン)の頭文字をとったもので、
100万分のいくつであるかという割合を示す単位です。

ppbparts per billion(パーツ・パー・ビリオン)の頭文字をとったもので、
10億分のいくつであるかという割合を示す単位です。

pptparts per trillion(パーツ・パー・トリリオン)の頭文字をとったもので、
1兆分のいくつであるかという割合を示す単位です。

わかりやすいように馴染みのあるパーセント(%)に換算すると以下のようになります。

1ppm=0.0001%
1ppb=0.0000001%
1ppt=0.0000000001%

表にまとめてみた

換算しやすいように表にまとめてみました。

単位%ppmppbppt
1%110,00010,000,00010,000,000,000
1ppm0.000111,0001,000,000
1ppb0.00000010.00111,000
1ppt0.00000000010.0000010.0011

% → ppmへの換算は10000倍で、

ppm → ppb、ppb → pptはそれぞれ1000倍と覚えておけばOKです。

TOP
目次
閉じる