簡単にできる子テーマの作り方【WordPress】

子テーマの作り方

子テーマの作り方をまとめました。
ダラダラと長い説明は不要だと思ったので、最低限必要な手順のみ解説します。

子テーマのフォルダを作る

子テーマディレクトリ

親テーマのフォルダと同じディレクトリに子テーマフォルダを作ります。
子テーマだとわかりやすいように「親テーマ名-child」としましょう。

必要ファイルを作る

子テーマファイル

次に以下の必要ファイルを子テーマフォルダ内直下に作成します。

  • functions.php
  • style.css
  • screenshot.png(任意)

screenshot.pngは子テーマのサムネイル画像を表示するだけなので、なくてもかまいません。

子テーマを認識させる

先程作成した各ファイルに、下記コードを記述してください。

<?php
add_action('wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles');
function theme_enqueue_styles()
{
    wp_enqueue_style('parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css');
    wp_enqueue_style('child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style'));
}

style.css

/*
Theme Name:   mblog_ver3 Child
Theme URI:https://manablog.org/manablog-wordpress/
Template:     mblog_ver3
Description:  mblog_ver3 Child Theme
Author: Manabu Bannai
Author URI:https://manablog.org/
Version:      2.0.0
License: GNU General Public License
*/
  • Theme Name は、親テーマ名 Child と記述。
  • Template は、親テーマ名を記述。

Theme Name と Template の2つは間違いのないよう記述してください。でないと子テーマとして認識してくれません。

逆にこの2つ以外は記述しなくてもテーマとして認識してくれます。不要な場合は記述する必要はありません。

以上で子テーマの準備は完了しました。

子テーマを有効化する

管理画面の左メニュー、 [外観] → [テーマ] をクリックします。

子テーマ選択画面

テーマを認識できました。
クリックして詳細を確認します。

子テーマ詳細画像

有効化をクリックしたら、最後に子テーマが反映されているか確認しましょう。

以上で子テーマ制作手順は終了です。
お疲れさまでした。

この記事を書いた人

けいた

高校卒業してから15年間勤めた会社を退職→脱サラしてWeb制作。
現在はWordPressサイト構築とShopifyストア構築をメインに、副業で物販をやっています。