予約システムを MTS Simple Booking C で簡単実装

プラグインで予約システム

WordPressで予約システムを作る際に有名なプラグインとして「MTS Simple Booking C」があります。
このプラグインを使うことで、難しいコードを書く必要なく、誰でも簡単に予約システムをサイト上に構築することができます。
そして何より日本語対応なのがとてもありがたいです。

この記事では、プラグインをインストールするところから、実装し、動作確認するまでの手順を解説しています。
記事を読みながら同じように実装していけば、およそ10〜20分程度で下の画像のようなカレンダータイプの予約システムが構築できます。

完成画像

MTS Simple Booking C 手順1

それでは早速やっていきましょう!

プラグイン「MTS Simple Booking C」をダウンロード

まずはプラグインをダウンロードしていきましょう。

このプラグインは、管理画面のプラグイン検索では出てきませんので、公式サイトよりダウンロードします。

ダウンロードリンクはこちら→MTS Simple Booking

MTS Simple Booking C 手順2

[DOWNLOAD] → [シンプル予約システム] をクリックします。

MTS Simple Booking C 手順3

ダウンロード開始ボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

プラグイン「MTS Simple Booking C」をアップロード

ダウンロードしたzipファイルをWordPressにアップロードさせましょう。

MTS Simple Booking C 手順4

管理画面の左メニュー、[プラグイン] → [新規追加] をクリック。

MTS Simple Booking C 手順5

「プラグインをアップロード」より、先程ダウンロードしたプラグインのzipファイルを、ドラック&ドロップします。

アップロードが完了したら、[今すぐインストール]をクリック。

MTS Simple Booking C 手順6

[有効化]させましょう。

MTS Simple Booking Cの設定

プラグインを有効化することができたので、次はMTS Simple Booking Cの設定を行っていきます。

MTS Simple Booking C 手順7

管理画面、左メニューに追加された [予約システム] → [各種設定] をクリックします。

MTS Simple Booking C 手順8

[予約パラメータ]タブの、[予約の受付]にチェックを入れます。

MTS Simple Booking C 手順9

[施設情報]タブで店舗名などを編集します。
連絡用のメールアドレスも設定しましょう。予約があると、ここに記述したアドレスに通知が送信されます。

MTS Simple Booking C 手順10

[予約メール]タブで、予約フォームに入力する際の項目と、予約完了時に相手側に自動送信されるメールの内容を設定することができます。

予約品目の作成

予約品目を作成していきます。

MTS Simple Booking C 手順11

管理画面左メニュー、[予約品目] → [新規予約品目] をクリックします。

MTS Simple Booking C 手順12

タイトルに予約品目を入力し、ページ下にある予約条件設定の入力も完了したら[公開]ボタンをクリックします。

MTS Simple Booking C 手順13

この時アドレスバーに表示された投稿ID(?post=〇〇)の数字は後ほどショートコードに貼り付けるので、控えておきましょう。

スケジュールカレンダー設定

次は、予約受付日の設定をします。

MTS Simple Booking C 手順14

管理画面左メニュー、[予約システム] → [スケジュール] をクリックします。

MTS Simple Booking C 手順15

予約受付日や、曜日にチェックを入れます。
ここにチェックを入れた箇所がカレンダー上で予約受付できる日になります。

チェックが入れ終わったら[スケジュール保存]をクリックします。

予約フォームと予約完了の固定ページを作る

次に予約フォームの固定ページと、予約完了の固定ページの2つを作っていきます。

MTS Simple Booking C 手順16

[固定ページ] → [新規追加] をクリックします。

MTS Simple Booking C 手順17

まずは予約フォームのページを作ります。
タイトルに「予約フォーム」と入れ、下書き保存をしましょう。そしたらパーマリンクのスラッグを変更できるようになるので、スラッグをbooking-formに変更して[公開]します。

MTS Simple Booking C 手順18

同じ様に、予約完了ページを作ります。スラッグはbooking-thanksになります。

予約カレンダーを表示する

固定ページに、作った予約カレンダーを表示させましょう。

MTS Simple Booking C 手順19

[固定ページ] → [新規追加] で、タイトルを入力したら、本文に下記ショートコードを入力します。
[monthly_calendar id="〇〇"]
(〇〇の部分は予約品目を作成したときに控えた投稿IDを入力します)

以上で予約カレンダーを作ることができました。
公開ボタンをクリックして、ページを表示してみましょう。

MTS Simple Booking C 手順20

予約システム→スケジュールでの設定が反映されています。

適当に日付をクリックします。

MTS Simple Booking C 手順21

○をクリックします

MTS Simple Booking C 手順22

予約フォームの項目を入力し、[予約する]ボタンをクリックします。

MTS Simple Booking C 手順23

予約完了ページに遷移できました。

自動送信メールは以下のようになります。

自分側へのメール

MTS Simple Booking C 手順24

相手側へのメール

MTS Simple Booking C 手順25

ここまで動作確認することができればOKです。
後は自分好みにカスタマイズしていきましょう。

以上でプラグイン MTS Simple Booking C を使った予約システムの実装を終わりです。

お疲れさまでした(^O^)/

この記事を書いた人

けいた

高校卒業してから15年間勤めた会社を退職→脱サラしてWeb制作。
現在はWordPressサイト構築とShopifyストア構築をメインに、副業で物販をやっています。