Advanced Custom Fields – テキスト

Advanced Custom Fields(通称:ACF)の使い方についての備忘録です。
この記事ではフィールドタイプ「テキスト」の設定と出力する方法について解説しています。

ACF でテキストを出力する

まずはプラグインをインストールします。
左メニュー「プラグイン」→「新規追加」より「Advanced Custom Fields」または「ACF」で検索をします。

Advanced Custom Fields 検索

↑コチラのプラグインがあるのでインストールし有効化します。

Advanced Custom Fields が有効化されると管理画面メニューに「カスタムフィールド」が表示されます。
この「フィールドグループ」をクリックして、「新規追加」をします。

フィールドグループ新規追加

タイトルを入力し「+フィールドを追加」をクリックします。

タイトル、フィールドを追加

次にフィールドの項目を入力します。

テキストフィールド項目入力

フィールドの項目の説明は以下の通り。

フィールド項目説明
フィールドラベル編集画面で表示される名前
フィールド名サイトに表示するときに指定するフィールド名
フィールドタイプフィールドタイプを選択
説明このフィールドに対する説明を入力
必須か?必ず入力してもらいたい場合は「はい」を選択

入力が完了したら「公開」をクリックして保存します。

テキストフィールド入力欄

投稿画面を表示すると先程設定したカスタムフィールドが表示されました。
こちらに表示させたいテキストを入力し公開をします。

テキストフィールドに入力

ACFには独自の関数 the_field( )があります。
この関数を使い、カスタムフィールドに入力したテキストを表示させたいところに下記コードを記述します。

<?php the_field('text'); ?>
ACF テキスト

これでテキストが表示されました。
以上です。

この記事を書いた人

けーた

高校卒業してから15年間勤めた会社を退職→脱サラしてWeb制作。
現在はWordPressサイト構築とShopifyストア構築をメインに、副業で物販をやっています。