【簡単】テーマの動作確認【テーマユニットテスト】

テーマの動作確認テスト

既存のテーマをカスタマイズしたり、オリジナルテーマを作成したとき、しっかり動作するかテストをするかと思います。

でもぶっちゃけ、1つ1つデータを打ち込むのって手間だし、時間かかるし、面倒くさくないですか?

そんなときに、簡単にテストデータを入力する方法があることをご存知ですか?
コレを知っているか知らないかで、テスト時間が大幅に変わります。

WordPress Codex にはテーマユニットテストというページがあり、
このテーマユニットテストページからダウンロードしてきたデータを使えば、投稿や固定ページ、カテゴリー、タグ、ユーザーなどの様々なデータを一瞬で流し込むことができます。

つまりもう1つ1つデータを打ち込む必要はありません。

それでは早速そのやり方をご紹介しましょう。

流し込んだデータが不要になった場合は、1つ1つ削除する必要があり、手間がかかります。確認だけして元の状態に戻したい場合は、事前にバックアップを取っておいて、いつでも元の状態に戻せるようにしておきましょう。

テーマユニットテスト

テーマユニットテスト

テーマユニットテストのデータは WordPress Codex のテーマユニットテストページにあるので、そこにアクセスします。

日本語版テストデータリポジトリ

アクセスできたらページ下に「日本語版テストデータリポジトリ」があるのでクリックして GitHub にアクセスします。

ジップファイルのダウンロード

テストデータをダウンロードします。
ダウンロードするには [Code] > [Download ZIP] をクリックしてZIPファイルをダウンロードしましょう。

ダウンロードが終わったら展開しておきます。

インポート

管理画面に左メニューの [ツール] > [インポート] をクリックします。

今すぐインストール

WordPressの[今すぐインストール]をクリックします。

インポーターの実行

インストールが終わるとインポーターが実行できるようになるのでクリックします。

ファイルを選択

「ファイルを選択」をクリックします。

インポートファイル

インポートするデータはさっき展開したZIPファイルのwordpress-theme-test-data-ja.xmlです。

実行ボタン

ファイルを読み込ませたら、下の実行ボタンを押します。
インポートする投稿者の項目がいくつかありますが、設定は不要です。

完了しました

これで完了になります。

「メディアのインポートに失敗しました」とたくさん出ますが、画像が取得できなかっただけなので問題なしです。

これでテストデータの流し込みは終わりました。
あとは確認するだけです。
データを打ち込む必要もなく、あっという間に終わりました。

しかし実は中身はちょっと意地悪なデータになっているので、もしかしたら全てに対応するのは難しいかもしれません。

その場合、テーマ使用者が使う範囲内でしっかりと動作すれば問題ないでしょう。
そこらへんは臨機応変にやって下さい。

それではお疲れさまでした(^^)/

この記事を書いた人

けいた

高校卒業してから15年間勤めた会社を退職→脱サラしてWeb制作。
現在はWordPressサイト構築とShopifyストア構築をメインに、副業で物販をやっています。